レディースローンのポイント

レディースローンというのは何でしょうか?
レディースキャッシングとも言われますが、双方に基本的な違いはありません。

 

いったいどういうものなのか、カードローンやキャッシングを利用したことのない人も以前借りたことのある人も、内容をおさらいしてみましょう。

 

レディースローンとは

一言で言うと、レディースローンとは「女性が気持ち的にお金を借りやすい環境が用意されているカードローン」と言えるでしょう。実際の統計によると、カードローンなどの利用者や利用希望者は圧倒的に男性で、77.7%が男性利用者というデータがあります。

 

女性も社会進出していますし、主婦であってもお金が必要なことには変わりありませんが、カードローンはまだまだ女性が利用しにくい業界であるために、考慮された仕組みと言えます。

 

受付や電話相談など全て女性のオペレーターが対応してくれるため、女性が安心して借りやすい仕組みになっています。またレディースローンは、例えば主婦の方が「夫に借金がばれるとまずい」というような良くある事情を察し考慮してくれることも出来ます。

 

女性が利用しやすい仕組みとは

女性目線で考えられたカードローンとは言われていますが、カジュアルなイメージで気持ちの不安を減らすというのが最初の取り組みと言っていいでしょう。

 

例えばお金を借りる時に相談する相手が女性スタッフであるとか、電話に男性が出るだけでも怖いイメージを持ってしまう人にとってはハードルが下がります。

 

カードローン各社が出している仕組みでは、スタッフも全員女性、利用者も全員女性という窓口を作って、精神的な圧迫感が出ないようにしているのがサービスとして見受けられます。

 

契約条件が変わるわけではない

女性が不安感を持たないように考慮されているとは言え、貸金業法という法律で細かく規則が定められている中で運営されているものですから、契約の根幹に関わる部分で何か違った内容が用意されているわけではありません。

 

娯楽や飲食業界のように、女性は何か優遇されるというような内容ではありませんから、
そこは勘違いしないことです。

 

審査も条件も金利も限度額も、もちろん男女平等に精査されて決定されます。精神的なハードルがないのであれば、女性でもレディースローンを無理に利用する必要はないのです。