通常のローンとレディースローンの違いは?

「レディースローン」って何が違うの?という疑問が当然ながら浮かびますよね。

 

でもこれに関しては、ちょっと間違った認識を持っている人もいるので要注意です。
通常のローンとレディースローンの違いはなんなのか、ちゃんとまとめてみましょう。

 

女性の精神的な抵抗を減らす

レディースローンは、女性が申し込みをする時に、何か怖い思いをしたり嫌な思いをしたりしないか不安にならないよう、女性スタッフが対応するなどサービスを徹底した金融商品です。

 

お金を借りたり審査を受けたりするということだけでも不安なのに、個人的な内容を話さなければいけなかったり、逆に生活に深く関わる点を相談したかったりする場合、相手が怖い男性だったらどうしようといった精神的なプレッシャーを無くすために開かれた窓口です。

 

女性専用窓口では女性スタッフが対応しますし、ホテルの受付並に質の高い対応をするようオペレーター教育をしている大手消費者金融も多いです。実際には大手企業では無いと言ってもいいのですが、コワイ男の人に脅されるような心配が無いということですね。

 

小口融資に特化

一概には言えませんが、比較的限度額を低めに設定する小口融資に特化することで、比較的収入が少なくても審査に通りやすい商品を取り扱っている企業が多いように見受けられます。

 

女性の場合、生活に密着した比較的少額の借り入れを希望する場合が多く、例え大きくまとまったお金を借りられなくても、スムーズに融資までたどり着けるほうが有り難いという人も多いのです。ただし、これは何も女性だから審査が甘いというわけではなく、あくまでも少額融資だから出来る対応です。

 

そうしたプランを細かく持つことで、より借りやすい条件を揃えているというのが、レディースローンの特徴とも言えるでしょう。

 

金利や条件が甘いわけではない

一番勘違いをしやすいのが、レディースローンは条件がゆるいという勘違いです。

 

少額で借りやすいということはあっても、通常のローン商品と比べてレディースローンだと金利が低いというような、特別優遇された条件があるわけではありません。お金を借りて返すという条件に関して、男女の区別はありませんので勘違いの無いようにして下さい。