レディースローンで借りるメリットとは?

レディースローンは女性を意識したカードローンサービスですが、条件に違いが無いことはわかりました。では一体レディースローンのメリットというのはどこにあるのでしょうか。

 

実は見方によってはとても使える安心のサービスなのです。

 

女性専用という安心感

レディースローンの女性専用窓口は、確実に女性スタッフが対応してくれるようになっています。そして他の利用者もすべて女性ですので、「自分だけ女性」という孤立するイメージが一切ないというのが大きなメリットでしょう。

 

はじめてお金を借りる女性にとって、やはり金融業界には怖いイメージがまだ残っています。自分と同じ女性スタッフが、銀行や郵便局のような感覚で丁寧に対応してくれると、安心してお金の相談が出来るという人も多いのです。

 

女性の事情に親身

女性スタッフによる相談窓口は、女性が女性特有の悩みや相談などをしやすいというメリットがあります。お金を借りたいという事情は人それぞれありますし、契約を締結した後にも、返済計画の相談や、生活を圧迫しない返済の仕方など、金融の専門家からアドバイスを受けたいことも多々あります。

 

そうした時には、女性が自分の生活の内容や家族のことなど、どうしてもプライベートな部分を話さなければいけなくなる場合もあります。そんな話を見ず知らずの男性にしてもわかってもらえるかどうか微妙ですし、なんとなく怖いですよね。

 

そもそも男性は出産もしなければ、家庭の育児で中心的な存在になることもあまりありませんし、家計を毎月やりくりしなければいけない立場の人もほとんどいないでしょう。

 

女性ならではのお金の問題は、女性スタッフ相手のほうが安心感が大きいと感じる人が多いのは当然のことですね。

 

女性の個人情報も申告しやすい

女性が自分のプライベートな情報を見知らぬ男性に申告するとなると、かなり精神的なハードルが高くなるものです。

 

もちろん相手が女性であっても抵抗感は無くなりませんが、男性と比べれば「女性のほうがなんとなく解ってもらえる感」が違うというのは女性ならではの感覚でしょう。

 

気持ちの問題とは言え、お金を借りたい状況にある人の心理はとてもデリケートな場合が多いものです。自分の家族構成や年収、仕事の種類など、あまり他人に言いたくないものを説明するなら、少しでも解ってくれそうな相手を選びたくなるものです。

 

収入が低めでも対応

若い女性は収入が低めの人も多いですし、主婦であれば正社員ではなくパートタイマーやアルバイトの人も多くなります。そうした年収の低めの利用者層に対しても小口の融資を積極的に行っていくという商品が多いのがレディースローンのプランです。

 

決して限度額は高くありませんが、きちんと借りて返せるプランがありますので、無理をせずに返済計画を立てることも出来ます。過去のデータから見ても、女性はかなり完済率が高く、返済の延滞もほとんどない優良な利用者が多いようです。

 

そうした信頼性もあり、多少融資額は低くても、消費者金融各社や銀行カードローンが女性向けの商品などを用意するようになったのでしょう。

 

在籍確認電話でトラブルがない

女性の仕事先に、名指しで知らない男性から電話がかかるとなると、余計な疑惑が持ち上がってしまう可能性もあります。自営業ならかかって来るのは自宅兼用の電話の場合もあるでしょうから、家族からおかしな目で見られる可能性すらありますよね。

 

レディースローンならすべて女性スタッフ対応なので、少なくとも変な誤解は生むことがありません。ささいなことと思うかもしれませんが、実は細かいところに注意を払ってもらえることが、大きなメリットと言えるのです。