レディースローンはパートでも借りれる?

レディースローンを利用したいと思っている女性で、自分は正社員ではなくパートタイマーだけれど審査は通るのか、と心配している人は多いようです。結論から言うと、パートでもアルバイトでも、定期収入があれば門前払いということはほとんどありません。

 

パートタイマーの女性がレディースローンを利用する場合についてまとめてみましょう。

 

ポイントは安定収入

ほとんどの消費者金融で、レディースローンの対象としているのは「安定した収入のある人」です。つまり、立場はパートでも定期的に働いていて、毎月給料として収入を得ている人であれば、問題なく審査に申し込めるということです。

 

月に3万円でも5万円でも収入があれば、それを基本に審査があり、限度額が決まり、融資を受けることが出来るようになります。ただし、どうしても収入に見合った限度額にはなりますので、あまり多額の借り入れ条件にはならないでしょう。

 

多額を希望する場合

どうしても自分の収入だけでは借りたい額に届かないという場合は、一緒に生活している家族の収入を元に審査をしてもらうことも可能です。

 

親と同居なら親の収入も対象となりますし、配偶者がいれば配偶者の収入も対象となります。
親の場合は年金収入も収入と認められるのが一般的です。

 

生活を共にしている一家に総額で入って来る金額で審査を受けるということですね。

 

ただし、パートの年収と、希望する額があまりにもかけ離れている場合には、審査も厳しくなるでしょう。家族の収入に対する審査も厳しくなりますので、証明する書類の提出や、配偶者なら在籍確認なども行われる場合が多いです。

 

ただし、この場合も配偶者が正社員などである必要はありませんし、あくまでも収入の額として判断されることになります。

 

借りられるケースが多い

結論から言えば、パートでもレディースローンを借りられるケースはいくらでもありますし、審査も受けずに諦める必要はまったく無いということです。

 

ただし、限度額についてはあまり高望みはしないほうが無難だということですね。