レディースローンは専業主婦でも借りれる?

レディースローンを利用したいと思っている専業主婦の場合、借りられる先はあるのでしょうか。これに関しては、かなり厳しいと言わざるを得ません。特に大手消費者金融系は対象とならない場合も多いですから、あらかじめきちんと調べておきましょう。

 

消費者金融の場合

大手消費者金融の融資の条件をよく調べてみましょう。

 

ほとんどの企業は、「本人に安定した収入がある場合」という条件項目を明記しています。つまり、本当に1円も収入の無い専業主婦は、借り入れ以前に申し込みの段階で門前払いということになります。

 

無理に申し込んでも、即座に断られてしまうでしょう。

 

ただ、中には「本人または配偶者に安定した収入がある場合」という条件を提示している企業もあります。残念ながら限度額が低くなり、金利は高いパーセンテージになりますが、少なくとも門前払いにはならずに済むところも中には数社あるということですね。

 

銀行カードローンの場合

銀行が運営しているカードローンは、本人に安定した収入がある場合と、本人または配偶者に安定した収入がある場合と、それぞれ条件を提示しているところが6:4くらいでしょうか。

 

もともと総量規制の対象外ですし、消費者金融に比べれば若干門は開かれているように見受けられます。ただし、限度額は低めに設定されていますし、自分の銀行に口座を開設することが条件になっていたりするケースも多いです。

 

また、銀行カードローンにはもともとレディースローンという窓口がほとんどなく、女性でも通常のローンとしての扱いとなります。

 

どうしてもレディースローンありきとして考えると、事実上不可能になりそうです。

 

銀行カードローンの場合、消費者金融の即日融資のようなスピード感はありませんし、もし同時に銀行口座を開設することになれば、半月くらいは期間を必要とすると思っておいたほうが良いでしょう。

 

・狙い目はネット銀行

専業主婦が融資を受けようと思うなら、レディースローンではありませんし口座開設は必要となりますが、ネット銀行の融資を狙ったほうが通りやすいでしょう。

 

限度額は低いですが、配偶者の同意書なども必要なく申し込む事ができます。三菱UFJ銀行カードローンやじぶん銀行カードローンや楽天銀行などですね。ただし、消費者金融と比べると融資までの時間はかかります。