主婦の場合いくらくらいまで借りられる?

主婦の場合、自分に収入が少ないといくらくらい貸してもらえるのか不安に感じるかもしれません。実際に全ては契約者の属性により決まりますが、限度額に関してまとめてみましょう。

 

借りられるお金は総量規制に関係する

消費者金融から借り入れをする場合には、基本的には主婦であろうと会社員であろうと本人の年収の3分の1までと決まっています。

 

パートやアルバイト、時短勤務など立場はなんでも良いですが、年収90万円なら30万円まで、年収30万円なら10万円までの借り入れが法的に可能となります。

 

ただし、数社からの借り入れがある場合には、すべての合計で3分の1までとなります。
消費者金融であれば、まずはこれを目安にすると良いでしょう。

 

銀行の運営しているカードローンであれば、この総量規制の対象とはなりませんので、原則制限はありません。ただ、当然ながら審査はありますし、目安として消費者金融と大きく差が出るようなことはほとんどないでしょう。

 

配偶者の年収も審査になる

自分だけでなく、配偶者の年収も審査の対象となるのも一般的です。

 

この場合は旦那さまの収入を証明する書類などが必要ですし、旦那さまの勤務先に在籍確認の電話が入るのが一般的です。額や条件によっては書類だけでOKな場合もありますし、判断は貸す側になりますので一概には言えませんが、借り入れの額を引き上げたい時には夫婦合わせた収入で審査してもらうことも可能です。

 

条件としては一般的

主婦がお金を借りるということは、現在では特別珍しいことではなく、条件としては一般的なので、あまり不安になったり構えたりする必要はありません。

 

すでに特別イレギュラーな条件ではない以上、通常通り審査を受けて問題が無いと判断されれば借り入れ出来るようになりますし、本人の収入に見合った限度額が設定されると理解しましょう。なんとも言えませんが、一般的には10万円から30万円程度の限度額提示が多いのではないでしょうか。

 

どうしても本人収入は少ないですから、その額で満足出来ないという場合に旦那さまを条件に入れるかどうかを判断することになります。