馴染みのある三菱東京UFJ銀行カードローンで借りた

生活費が足りない時期があり、自分の持っている銀行のカードからキャッシングをしてみました。借りられる金額については、銀行のWEB上で確認がとれたり、毎月々の支払いを三菱東京UFJのカードからしていた為、送られてくるハガキでキャッシングがどれだけ可能なのか調べる事ができました。ATMから出金可能額を見る事もできます。

 

借りられる場所については、銀行までは自宅から遠く、近くのコンビニから簡単に借りられる事ができて少し驚きでした。こんな簡単に借りられるのか!と。

 

コンビニのATMでカードを入れキャッシングを押し、金額を押し支払い方法をリボルディングにするか一括にするかカードローンにするかボタンを押し出金できます。もしも、支払い方法を一括にしてしまい大変な金額がハガキに表示される場合があります。(えっ?こんなに?と驚きます)その場合、ハガキには○月○日までに銀行に電話をすれば分割にできますと表示されています。

 

キャッシングは金利が結構するので(私の感覚的には)注意が必要です。

 

もちろん、会社によってその金利は変わってきます。私は、自分がいつも使ってて馴染のある銀行で、一番金利が安い三菱東京UFJ銀行に決めました。リボルディング払いにするとなおさら金利は加算されます。毎月々の支払いは一定にでき楽ですが、長くお金を借りるという事はそれだけ金利も払わなければならないという事になります。

 

支払いは、まとめて払う事も可能です。
やはり、消費者金融会社などがよくうたっているように計画的に借りるのが一番だと思います。

 

キャッシングと聞くとなんだか悪い事のように感じてしまう自分自身がいました。
ただそれは固定観念であって、しっかりと計画しお金を借りれば問題ないと思うようになりました。

 

平成19年から法律が変更し消費者金融では年収額の3分の1しか貸付はできないようになりました。主婦の方はどうなのかわかりませんが(旦那さんの給料なのかな?)借りすぎないようにできているようです。この法律は銀行カードローンだと大丈夫なようです。

 

これからもしもインフレになった場合、貸付側としては消費者にお金を借りてほしくなるんじゃないかな?と思いますが、この法律が吉となるか凶となるか気になる所ではあります。

 

キャッシングの良い所は、その手軽さです。

 

コンビニのATMで借りる事ができるのも良い所です。現代では家族や友人にもお金を借りるとなると躊躇してしまう場合があります。大きな金額だとなおさらです。そんな時にキャッシングを賢く使うのは一つの手だなぁと思います。

 

 

30代女性S.Hさん
利用したキャッシング会社:三菱東京UFJ銀行カードローン